在籍確認とは?

在籍確認というのは、カードローン審査において申告した勤務先に本当に勤めているのかどうか、確認をするという審査項目の一つです。確認するといってもカードローン会社の人が実際に勤務先にくるわけではなく、勤務先に電話をかけてそこに申込者が在籍をしているかどうかの事実確認を行うだけのものです。

 

基本的に在籍確認の電話はカードローン会社名ではなく担当者の個人名でかけてきます。(銀行カードローンでは銀行名でかけてくることも)本人が外出などで電話に出られなかったとしても、電話に出た方が例えば「ただいま席を外しておりまして…」などと申込者がそこに在籍しているという事実が確認できれば完了です。

 

在籍確認の方法

在籍確認の電話は具体的にどのようにかかってくるのか?その方法についてみてみましょう。

 

担当者「もしもし、私小林(担当者名)と申しますが、鈴木(申込者名)さんはいらっしゃいますか?」

 

電話に出た方「はい、少々お待ちください」

 

申込者「お待たせしました、高橋です」

 

担当者「鈴木一郎(フルネーム)さんでいらっしゃいますか?」

 

申込者「はい、そうです」

 

基本的にはこれで在籍確認完了ですが、カードローン会社によっては年齢や生年月日などといったいくつかの質問をされるなどその後2〜3分かかる場合があるようです。

 

気になる方はあらかじめどのような質問内容になるのか、どのくらいかかるのかなどといったことを電話で質問しておくといいかもしれません。

 

在籍確認で同僚にバレてしまうことがある?

在籍確認の電話は勤務先に直接かかってくるため、もし万一同僚にカードローンのことがバレてしまったら…と不安に思う方は多いとおもいます。しかしカードローン会社側も申込者のプライバシーにはしっかり配慮をしてくれますし、かんたんにバレてしまうようなカードローン会社という口コミが出てしまいますと新規顧客が獲得しづらくなってしまいますからそのあたりはしっかり気をつけてくれます。

 

実際、在籍確認でバレてしまうというのは極めて少ないようですが、普段電話がかかってこない部署の方ですと怪しまれてしまう可能性もありますよね。そうした場合には、あらかじめ電話がかかってくるということを周囲に知らせておくという手段もあります。

 

「カードローンの申し込みをしたので在籍確認の電話がかかってくる」と正直に言わなくても、「クレジットカードを作ったのでその関係で電話がかかってくるかも」などと伝えておけば、電話がもしかかってきたとしてもすんなりと受け入れてもらえるのではないでしょうか。
この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれていrます。
カードローンやキャッシング以外でお金を借りる方法