総量規制とは

総量規制とは、個人の借入総額が原則年収の3分の1までに制限される、という仕組みのことで、2010年施行の改正貸金業法により導入されました。これによって、例えば年収300万円の方の場合、3分の1の100万円を超える借入ができないようになりました。

 

また総量規制では、

  • 自社の貸付けが50万円を超える貸付けを行う場合
  • 他の貸金業者を含めた総貸付け額が100万円を超える貸付けを行う場合

には、収入証明書の提出が必要と定められています。

 

総量規制の対象

総量規制の対象になるのは貸金業者です。そのため銀行の融資である銀行カードローンは、同じカードローンでも総量規制の対象にはなりません。貸金業者にあたるのは以下の金融機関です。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジットカード会社

 

なぜ総量規制はあるの?

総量規制は、返済能力を超える借入を抑制するために導入されました。
以前、高金利で返済能力を超えるような過度な貸付けが横行し、多重債務により自己破産者が増えて社会問題になっていました。

 

このような多重債務問題の解決と安心して利用できる貸金市場の構築をなどの目的から改正貸金業法ができ、過剰貸付けの抑制のために総量規制が導入されたのです。

 

除外と例外

総量規制といっても、消費者金融など貸金業者からの借入すべてが対象になるわけではありません。総量規制には除外や例外の貸付けというものがあります。

 

除外貸付けは総量規制の対象とならない貸付けのことで、例外貸付けは貸付け残高としては参入するものの、例外的に年収の3分の1を超えていても審査の結果返済能力があると判断されれば貸付けが可能になるというものです。

 

除外・例外貸付けには以下のようなものが該当します。

 

除外貸付け
・不動産購入または不動産改良のための貸付け
・自動車購入時の自動車担保貸付
・高額療養費の貸付け
・不動産担保貸付け など

 

例外貸付け
・顧客に一方的に有利となる借換え(おまとめローンなど)
・緊急の医療費の貸付け
・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
・個人事業者に対する貸付け など

この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれていrます。
カードローンやキャッシング以外でお金を借りる方法