返済にもし遅れてしまったら?

最近ではインターネット申し込みが主流になり、申し込み手続きもスマートフォン1台あれば手軽にできるようになりました。これまでよりも格段に容易にお金を借りることができるようになったわけですが、かんたんに借りられるからといって借りたお金はしっかり返さなければなりません。

 

もしも返済に遅れてしまったら、どうなるのでしょうか?

 

遅延損害金の発生

返済日を過ぎた時点で、遅延損害金が発生します。
遅延損害金は利率であらかじめ決まっており、多くのところで20%程度に定められています。返済が遅れたら通常の利息にプラスしてこの遅延損害金も支払わなくてはなりません。

 

DVDレンタルなどで返却が遅れてしまった場合、延滞料金を支払うことがありますよね?
この延滞料金にあたるのが遅延損害金、レンタル料が利息と考えると分かりやすいかと思います。

 

遅延損害金は遅れた日数分かかりますので、遅れれば遅れるほど金額が大きく膨れ上がりますから1日でも早く返済することが大切です。

 

ハガキや電話による返済の催促の連絡

支払い期日に入金が確認できなかった場合、数日後にハガキや電話による返済の催促の連絡がきます。電話も審査の時同様担当者の個人名でかかってくるなど、プライバシーに配慮してくれます。口座引き落としでお金が足りなかったなど、実はこの数日程度の遅延というのはかなり多いようです。

 

遅れた事実は信用情報に記載はされますが、その後すぐに返済を約束して返済すれば、大きな問題にはなりません。ただし何度も繰り返し遅れるような場合には今後の審査に影響が出る可能性があります。

 

返済督促状の送付

返済の催促のハガキや電話を放置していると、自宅に督促状が届きます。
この時点で家族に内緒にしている場合にはばれる可能性があります。
それも無視していますとカードローンの利用が一時停止になってしまいます。

 

3ヶ月ほどで延滞としてブラックリスト入り

度重なる返済の催促にもかかわらず返済しないでいると、3ヶ月ほどで延滞として信用情報に登録されてしまいます。いわゆるブラックリストに載ってしまうという状況です。

 

カードローンは強制的に解約、一括請求を迫られます。
延滞でブラックリストに載ってしまいますと、5年ほどの間は新しくカードローンの利用などができなくなります。そして最終的には給料の差し押さえなどといった法的処分を受ける事態になってきます。

 

カードローンは個人の信用をもとにお金を貸すものですので、返済が遅れたときに無視をしたりするのは一番最悪なケースです。返済に遅れた、返済に間に合わないと気付いた時点ですぐに自分からカードローン会社に連絡をしましょう。早めに連絡をすれば返済日を遅らせてもらえたり、当分は利子だけの支払にしてくれたりなどといった対応をしてもらえるケースもあります。

 

返済に遅れてしまうことがないよう、利用の際にはしっかりとした返済計画を作り、借りたお金は期日どおりにきちんと返済しましょう。
この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれていrます。
カードローンやキャッシング以外でお金を借りる方法